スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリエステ・サマーロック・フェスティヴァル 2012  7月29日(日)/ TRIESTE SUMMER ROCK FESTIVAL  

 最終日はイタリアのバンドのみ出演する「プログ・デイ」。始まるのも午後3時からティケットも5ユーロと格安で見られる。4バンド程出た後のトリは北イタリア出身のビリエット ペル リンフェルノ.フォーク/BIGLIETTO PER L'INFERNO FOLK。

ビリエット ペル リンフェルノ.フォーク / BIGLIETTO PER L'INFERNO FOLK

ジュゼッペ(通称ピッリー)・コッサ/Giuseppe Cossa:オルガン、ダイアトーン、アコーディオン、エレクトーン
マウロ・ニェッキ/Mauro Gnecchi:ドラム、パーカッション
エンリコ・ファニョーニ/Enrico Fagnoni:コントラバス、エレクトリックベース、アコースティックベース
フランコ・ジャッフレーダ/Franco Giaffreda:エレクトリックギター、アコースティックギター
レナータ・トマゼッラ/Renata Tomasella:ファイフ、フルート、オカリナ、ヴォーカル
ラニエーリ(通称ラーニョ)・フマガッリ/Ranieri Fumagalli:バグパイプ、フルート、オカリナ
カルロ・レーディ/Carlo Redi:バイオリン、マンドリン
マリオリーナ・サーラ/Mariolina Sala:ヴォーカル

2012 TRIESTE BIGLIETTO1

 ビリエットは’72年に結成、当時はシンフォ系プログレ・ハードの様なサウンドをしていた。74年に「BIGLIETTO PER L'INFERNO」をリリース後解散。そして2007年、フォークミュージックの要素を取り入れ、バンド名の最後に「FOLK」を付け加えて再び活動を始めたのだ。
 音楽は常にその時代と連動している。もちろんビートルズの様な普遍的な音楽を創り出してしまったバンドもいるが、だいたいはその時代の持つエネルギーや躍動感を反映し表現しているのが音楽の自然な在り方だと思う。

2012 TSRF BIGLIETTO6
 
 ビリエットの「フォーク」はとてもアグレッシヴだ。時代が要求する「フォーク」とでも言おうか、トラディッショナルな音楽、地中海的フォークミュージック、それらを全部含めたワールドミュージックにプログレエッセンスを加えているので聴いていてとても楽しい。ステイジもシアトリカルな構成で女性ヴォーカルのマリオリーナが持ち込んだ大きなカバンからリボンやバラや羽のストール等を曲ごとに取り出し時にはシャボン玉を吹きながらステイジを踊る様に歌い廻る。メムバーも全員複数の楽器を使いこなし、1曲の中で次々を楽器を変えて音楽を構築していく。スリリングだ。今は修道士になっているフラ・カナーリ(本名クラウディオ・カナーリ/Claudio Canali)が印象的なヴォーカルでビリエットの代表曲にもなっている「告白 (Confessione )」をビリエット ペル リンフェルノ.フォークでもリメイクしているので、原曲と「フォーク」版を聴き比べてみるのも面白い。70年代の若さ溢れるビリエットが好きな方には物足りないかもしれないが、「フォーク」版は、より緻密により表情豊かにより洗練された演奏をしている。なんでも見てやろう、聞いてみよう、音楽を楽しもうという人には「フォーク」がお勧め。

2012TSRF BIGLIETTO2        
2012 TSRF BIGLIETTO1

 私的にはフェスティヴァルの最後の最後にいいものを見せてもらったので今年のトリエステ・サマーロック・フェスティヴァルは大満足でした。

BIGLIETTO PER L'INFERNO FOLKのツアーの様子はYOUTUBEでちょっぴり見られます。
http://www.youtube.com/watch?v=UFfKY6vKWhk&feature=related
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。