スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリエステ サマー ロック フェスティヴァル 2010 / TRIESTE SUMMER ROCK FESTIVAL 2010 8月1日(日) キクラテメンシス/CICHLA TEMENSIS + スティーヴ・ハケット・イレクトリック・バンド/ STEVE HACKET ELECTRIC BAND  

キクラテメンシス/Cichla temensis
深沢 晴奈(Haruna Fukazawa)-Flute
国分 巧(Takumi Kokubu)-Bass,Acoustic guitar,Programming
野口 雅彦(Masahiko Noguchi)-Drums,Percussion

スティーヴ・ハケット イレクトリック バンド/Steve Hackett Electric Band
Steve Hackett - guitars
Roger King - keyboards
Gary O'Toole - drums, percussion and vocals
Rob Townsend - sax, flute and blown sundries
Nick Beggs - bass and related paraphernalia
Amanda Lehmann - guitar and vocals

 日本から参加するキクラテメンシスはフェスティヴァルの前々日から現地入りし、初の海外公演に備えていた。当日のリハーサルはハケットのリハーサルが終わり次第始められるのだが、当のハケットが夕方になってもトリエステに到着しない。なんでもペルージャのコンサートを終えてこちらに向かっているという。バンドが着いたのはもう5時をだいぶ過ぎてから。すぐリハーサルに入ったのだが、音を合わせる程度でさっさと終わってしまった。さすが、大量のツアーをこなし、ライブ慣れしているハケットさん。今年は世界中どこのフェスティヴァルに行ってもハケット・バンドの名前がクレジットされてるもんね。
 ハケット・バンドの到着が遅れたせいで、キクラのリハーサルも遅れ、本番も演奏時間を削られそうになった。時間を少し早めてのスタートになったのだが、オウディエンスがまだ集まっていないかも…という不安がある。主催者のダビデが「演奏が始まれば皆集まってくるから大丈夫!」なんて言っているのだが。ま、トリがハケット・バンドなんで大方の客は既に席を確保しているけれど。
 この夜は最終日の挨拶と運営に関わったスタッフの紹介が終わってからキクラテメンシスがステイジに上がった。
(イタリア語読みでチクラテメンシスと呼ばれたのが何か可愛い)
 遠い日本から聞いたこともないバンドが演奏するというのでオウディエンスも興味深々で見ている。1曲目が終わった段階でかなりの拍手があり若いオウデェエンスがフェンス前に集まってきた。2曲3曲とプレイされるにつれ会場が沸いてくるのが分る。中々いい感触だ。道を歩いていた人も歩を止めステイジを見ている。ダビデが「な、俺の言った通りだろ!」とウインクしている。バンドは海外初のステイジにしては落ち着いてそれぞれのパートをしっかり楽しみながら演奏している。それにしてもバンドの中に女性がいるのは華やかでいい。カメラのフラッシュを一番浴びていたのも彼女だ。全7曲、40分弱のショウだったが、終わってから、楽屋口にいるフェスティヴァルのスタッフが口ぐちに「ベィスが凄かった!ドラムが上手い!フルート素敵!」と言われ続け、CD物販付近ではファンの人達が次々に写真撮影やサインをもらいに来てバンドメムバーも大感激。大成功のイタリア公演だった。

cichla1 2010 trieste

cichla 2 2010 trieste

キクラテメンシスのメムバーそれぞれが旅行記をブログで書いています。楽しいので覗いてみてください。
キクラテメンシス公式ブログ
Flutist Haruna Fukazawa's Blog~晴天雨女 7/27 イタリア1日目~
Kokubu Takumi official blog イタリア演奏旅行総括~


 いよいよ大トリのハケット・バンドだ。オウディエンスもこの3日間で最大で、後方の客も見えるようにフェンス前の客は地面に座らされている。大歓声のもと、ハケット・バンドの登場。
 メムバー総勢6人。多少お腹が出てきたとはいえやはりハケットおじさんはオーラがある。次に目立つのはベイスのニック・ベッグス/Nick Beggs。80年代イギリスの人気ポップグループ カジャグーグー/Kajagoogooのオリジナルメムバーで大活躍していたベイシストだ。リハーサルでは長い金髪をゆらゆらさせて音合わせをしていたが、ステイジでは金髪をしっかり三つ網にし黒のレザーのキルト風スカートに赤いベイスをオーバーアクション気味に弾く様は中々楽しい。彼に時々絡んでくるのがギター+ヴォーカルのアマンダ・リーマン/Amanda Lehmann。ハケットは今年に入ってニューCD「Out Of The Tunnel's Mouth」をリリースしたばかりなのだが、彼女はそのCDにも参加している。キーボード、サックス、ドラムスは地味に控えてサポートしている。ステイジではニューCDからの曲を演奏するのは当然なのだが、やはり、受けるのはジェネシス時代のヒットソング。あの泣きのギターフレーズが流れ始めると会場からうっとりした溜息が聞こえてきそうだ。比べられるのも可哀そうだが、ドラムスを叩きながらのヴォーカルはちょっと無理がある様な…ともあれ、地元の警察から11時の終了時間厳守を言い渡されていたはずなのに焦る様子も無くショウは続いていた。

hacket1 2010 trieste

hacket encore 2010 trieste

この夜のコンサートの様子は MusicaLiberaTV でちょっぴり見られます。

http://www.youtube.com/user/MusicaLiberaTV#p/u/0/n6SR4yK3RuM


 それにしても、フォーカスやハケット・バンドのパフォーマンスをアドリア海からの夜風に吹かれながら、しかも無料で見られるなんて、トリエステ サマーロック フェスティヴァルはいいなあ。

Trieste 2010
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。