スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログ イグジビション 11月6日(土)- PROG EXHIBITION 06 NOVEMBER 2010 / 

11月6日(土)

プログ イグジビション 11月6日(土)- PROG EXHIBITION 05 NOVEMBER 2010 /

ペリフェリア・デル・モンド / PERIFERIA DEL MONDO
アバッシュ / ABASH
ヌオーヴァ ラコマンダータ リチェヴータ リトルノ /NUOVA RACCOMANDATE CON RICEVUTA DE RITORNO
+ テイス・ヴァン・レアー / THIJS VAN LEER (FOCUS)
オザンナ / OSANNA
+ ジャンニ・レオーネ / GIANNI LEONE (BALLETTO DE BRONZO)
+ ディヴィッド・ジャクスン / DAVID JACKSON (VAN DER GRAAF GENERATOR)
バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ / BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
+ ジョン・ウェットン / JOHN WETTON (KING CRIMSON-ASIA)

 今回の「プログ・イグジビション」は、それぞれのバンドの特定のアルバムのプロモーションではなく、バンドの軌跡を文字通りExhibit-展示しているのであって、従ってセットリストも代表的な曲を中心に構成されている。
イタリアン・プログレに余り詳しくない私にとっては非常にありがたい企画コンサートだ。

ペリフェリア・デル・モンド / PERIFERIA DEL MONDO

Claudio Braico (Bass)
Alessandro Papotto (Vocals, woodwinds)
Giovanni Tommasi (Guitar)
Bruno Vegliante (Keyboards)
Tony Zito (Drums)

 バンコ(BANCO DEL MUTUO SOCCORSO)のサックス、クラリネット奏者のAlessandro Papotto が中心メムバーのジャズ・ロックに地中海的要素を加えたちょっとエキゾティックな音楽を聴かせてくれるバンド。結成は1996年というからキャリアは十分、テクもしっかりしているし海外のフェスティヴァルにも参加しているが、印象が今一薄い。上手いんやけどねえ。

PERIFERIA DEL MONDO


アバッシュ / ABASH

 こちらも女性ヴォーカルを中心に地中海的音楽や、より土着的でアラビックな旋律を持ったシンフォ・プログレ バンド。女性ヴォーカルが赤ちゃんの人形を持ってあやすポーズをしたりステイジに揺りかごがあったり、後ろのスクリーンにはストーリィらしきフィルムが映されたりとかなりシアトリカルな雰囲気を醸し出すパフォーマンスで興味深いバンドだった。歌詞が分ればもっと楽しめるのにと、とても残念な気分だ。

ABASH

 この2バンドは2日目のオープニング・アクトでした。

ヌオーヴァ ラコマンダータ リチェヴータ リトルノ /NUOVA RACCOMANDATE CON RICEVUTA DE RITORNO
+ テイス・ヴァン・レアー / THIJS VAN LEER (FOCUS)

Luciano Regoli (Vocals, Acoustic Guitar
Nanni Civitenga (Guitar)
Stefano Piermarioli (Keyboards)
Damaso Grassi (Flute, Sax)
Manlio Zacchia (Bass)
Francesco Froggio Francica(Drums, Percussion)

 70年代に活躍していたバンドが今年になって新CDを発売したばかりのヌオーヴァ ラコマンダータ リチェヴータ リトルノだが、邪悪なと表現されるその暗いサウンドと女性バッキング ヴォーカルを従えて、顔にベネツィアの仮面劇の様なメイクを施し高音で歌いあげる白いスーツのルチアーノ・レゴリ(Luciano Regoli)は圧巻。(この人は既に画家としても活躍していて会場の物販で画集も販売していた。油絵の人物画中心の画集だが中々大したもの、見応えのある画集でした。もちろん新作CDジャケットの絵も彼の筆によるものです。)

REGORI NRRR

REGOLI 画集
Luciano Regoli の画集の表紙

ライヴでは途中でゴブリン(GOBLIN)のクラウディオ・シモネッティ(Claudio Simonetti )も参加して華麗なキーボードを聴かせてくれた。そしてゲストのテイス・ヴァン・レィアー/THIJS VAN LEER(フォーカス/FOCUS)が登場。フルートでクラシカルな旋律を吹きながらアッと言う間に会場をフォーカス カラーに変えてしまう。バンドにゲストを参加させるというのは多少冒険な部分があって、つまりゲストのパワーがバンドより強ければゲストに負けてしまう。そしてテイスの百戦錬磨パワーはしばらく活動停止していたNRRR(ヌオーヴァ ラコマンダータ リチェヴータ リトルノ)を圧倒してテイスのバックバンドにしてしまっていた。最後にテイスもそしてシモネッティも加えてのNRRRの演奏は暗く重いながらも華麗なサウンドになって聴きごたえがあり、このジョイントの意義を十分発揮したプレイで凄くよかったけど。

GOBLIN
ゴブリン(GOBLIN)のクラウディオ・シモネッティ(Claudio Simonetti )さん
NRRR & T.V.LEER

 余談ながら、ルチアーノ・レゴリも物販コーナーに出没していてファンの求めに応じてサインしたり一緒に写真を撮ったりと忙しそうにしていた。テイス・ヴァン・レアーも現れて即座にファンに囲まれこちらもサインや写真攻め。テイスとは今年の夏、トリエステ サマー ロック フェスティヴァル 2010/ TRIESTE SUMMER ROCK FESTIVAL2010で会ったばかりなので挨拶でも、と思っていたら、顔を合わせると同時に「いやぁ、トリエステはいい街だったね。」と話しかけてきた。「海を見ながら演奏していたんだよ。海面にライトが当たってキラキラしてとってもきれいだったなあ。」と至極ご満悦の様子。よかったです。

オザンナ / OSANNA
+ ジャンニ・レオーネ / GIANNI LEONE (BALLETTO DE BRONZO)
+ ディヴィッド・ジャクスン / DAVID JACKSON (VAN DER GRAAF GENERATOR )

Lino Vairetti ( vox and rhythm guitar )
Gennaro Barba ( drums )
Nello D'anna ( bass )
Fabrizio Fedele ( lead guitar )
Sasa' Priore ( piano and keyboards )
Irvin Vairetti ( vox, keyboards and computer music )

David Jackson ( saxophones and flute )

 オザンナは去年来日したばかりなのでライヴに行かれた方も多いと思うが、私は見ていないので今回がオザンナ初体験。うわさ通りナポリのお祭りの様な賑やかさで「チュリチュリチュワ~」と繰り返されるフレーズは耳に残る。メイン・マンのリノ・ヴァイレッティ(LINO VAIRETTI )を筆頭に全員顔にメイクして、途中から出てくるディヴィッド・ジャクスンさん(DAVID JACKSON)までメイクしてるぞ。メムバー全員がナポリの仮面劇で使われる道化の仮面を被っているし、バックにはナポリ等のイメージフィルムが映されていて、それをバックにジャクスンさんはさっそくサックスの2本吹き!

JAX OSANNA

そうこうしている内にジァンニ・レオーネ(GIANNI LEONE)登場。ジァンニはリノと同郷のナポリ出身でオザンナの前身と言われるチッタ・フロンターレ(CITTA FRONTALE)でリノとプレイしていた間柄なので最近のオザンナのライヴにはゲストとして登場する場合が多い。彼がステイジに出た途端、会場から「ジャンニ!ジャンニ!」のコールが始まる。人気あるんだ。黒のシースルーのTシャツにゴールデンのパンツ、上着には黒の鳥の羽根がヒラヒラ付いている。しかしこの人のオカマちっくな動きはちょっと苦手~。でもオルガンの早弾きには脱帽。やっぱ凄いし目が離せない。イル・バレット・デ・ブロンゾ(IL BALLETTO DI BRONZO)の曲をササっと弾いたらすぐ正面に出てきてリノと並んでバッキング・ヴォーカル(スティジの真ん中に出てきてバッキング・ヴォーカルでもないと思うけど?)でオウディエンスをノリノリにさせる所はライヴのコツを知ってるなあと感心してしまった。で、ジャクスンさんの「THEME ONE」の演奏が始まったらもう会場全員で大合唱。歌詞なんて無いのにねえ。この曲は簡単なメロディの繰り返しなので、VdGG版、コージー・パウエル版、このオザンナ版の他にもいろんなバンドが演奏してもいいと思うんだけど。そして最後にオープニングに演奏した「PALEPOLI」をもう一度全員でプレイして終わった。いやあ、ナポリ人ってご陽気。

OSANNA


 この日もバンドのセットチェンジの間、MCが登場してオウディエンスに何かしら話しかけていた。まず、今夜のコンサートには世界中からプログレッシヴ ファンが集まっている様な事を話して、「アメリカ、メキシコ、ドイツ、イギリス、オーストリア…」と呼びかける度にその国のオウディエンスから「オォ~」という叫び声が聞こえる。皆友達を誘ってグループで来ている様だ。残念ながら日本の掛け声に返事はほとんど無し。日本からは個々にティケットを買ってきているので皆バラバラに座っているから仕方ないね。イタリアは正式にはイタリア共和国と言ってイタリア半島の都市国家が集まって今のイタリアを形成している。それ故コムーネと呼ばれる地方自治体を中心とする郷土愛が強い国民性を持っている。「おらが街のバンド」を応援する熱狂度は大したものだ。そしてローマのオウディエンスが一番多いのも当然で、ここローマのバンドと言えば「バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ!(BANCO DEL MUTUO SOCCORSO)」

バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ / BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
+ ジョン・ウエットン / JOHN WETTON (KING CRIMSON + ASIA)

Vittorio Nocenzi ( Keyboards )
Francesco De Giacomo ( Vocals )
Rodolfo Maltese ( Guitars )
Tiziano Ricci ( Bass )
Maurizio Masi ( Drums )
Filippo Marcheggiani ( Guitars )
Alessandro Papotto ( saxophones and flute )

 バンコがステイジに出てきた途端オウディエンスのほとんどが立ち上がり、そのどよめきと歓声は他のバンドと比べ物に成らないほど大きい。
 ノチェンツィはそのデカイ体つきといいヒゲ面といい、一見マフィアの中堅幹部エプロン付ければ肉屋の親父に見えるが、その大きな手でキーボードをガバガバ弾く様は手がつぶれるんではないかと思う程一旦の休みも無く弾き続けている。元々バンコはノチェンツィ兄弟のダブル キーボードが中心なので一人抜けたからと言ってその緻密なサウンドを微弱にするわけにもいかずノチェンツィ一人で二人分のパートを弾かざるを得ない状態だ。ヴォーカルのジャコモは巨体に似合わず頭にちょんと乗っけた赤い帽子が可愛くまるでおとぎ話に出てくるノーム(イメージ的にはディズニーアニメの「白雪姫」に出てくる7人の小人かな)をそのまま拡大したかの様だ。ステイジに出てきた時からさかんに咽喉付近を触っている。どうも声の調子が良くなさそうだ。が、しかし、ジャコモが歌っていようがいまいが会場はバンコ・カラオケ状態。オウディエンスが全員声を張り上げてバンコと一緒に合唱している。ローマでのバンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソの人気の凄さをまざまざと見せつけられた様だ。バンコのゲストはジョン・ウエットン(JOHN WETTON)で、曲は「Starless」。合唱はまだ続き今度はキング クリムズン カラオケ会場と化した。

BANCO

擦る様なフリップ風ギターを若手ギタリストのフィリッポが懸命にかき鳴らし、それをバックにウエットンが情感たっぷりに歌いあげる。キング・クリムズンってこんなに情緒的だったっけ?それにしてもベイスの音数が少ない…2曲目はジャコモも加わってバンコのヒット曲 「Non Mi Rompete/LeaveMe Alone」ウエットンはベイスをタンバリンに持ち代えジャコモとダブル ヴォーカル。やんやの喝さいを受けて退場。この2曲だけの為にイタリアまで来たのね。ま、それを言えばディヴィッド・クロスもそうだしイアン・アンダースン、テイス・ヴァン・レアーもそうなんだけど。ウエットンが退場してもバンコ カラオケ状態は最後まで続いた。ただ一言いうなら、ノチェンツィさん、もうちょっとピアノの生音に気を使って下さい。今回は沢山のバンドが入れ替わり立ち替わり演奏するのでセットチェンジが大変だったんだろうけど、1975年ロンドンでのバンコ イギリス デヴュー コンサートでは、狭いライヴ会場にアップライト ピアノを持ち込んでまで弾いた「バンコ」なんだから。

BANCO & J. WETTON


 9日10日共、ステイジ上と座席左側から舐めるようにクレーンヴィデオでこのコンサートの模様が撮影されていたので後にDVD発売されるのかと主催者に聞いてみたが、来年(もう今年ですね)の春頃に出せればいいんだけど、との返事。また、来年(今年2011年の事ですね)にはもっと大きな会場で夏頃このPROG EXHIBITIONが開催できる様に考えているとの事。そうなればイタリア、いや世界中のプログレファンの楽しみが増えるのにと実現を願わずにはいられない。本場のイギリス・プログレが元気が無いのでその分イタリアで頑張ってほしい。何しろ、ジェネシス(GENESIS)もヴァン・ダー・グラァフ・ジェネレィター(VDGG)もジェントル・ジャイアント(GENTLE GIANT)も、初めにに人気が出たのはイタリアだしイタリア人はこの事を実に誇りにしているのだから。

 2010年11月9日10日の2日間、イタリアン・プログレにどっぷり浸らせてもらった。とても有意義なイタリアの初冬でした。

このコンサートの様子は YOUTUBE でちょっぴり見られます。
http://www.youtube.com/watch?v=q-BhVaX6xYc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=CHGFxs8sCuM&feature=related


スポンサーサイト

プログ イグジビション 11月5日(金)- PROG EXHIBITION 05 NOVEMBER 2010  

11月5日(金)

プログ イグジビション 11月5日(金)- PROG EXHIBITION 05 NOVEMBER 2010 /

PFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)+ イアン・アンダースン(ジェスロ タル)/
PFM(PREMIATA FORNERIA MARCONI + IAN ANDERSON (JETHRO TULL)
アルドー・タッリャピエトラ、トニー・パッリウカ、トロ・マルトン+ディヴィッド・クロス(キング・クリムズン)/ ALDO TAGLIAPIETRA with TONY PAGLIUCA, TOLO MARTON + DAVID CROSS (KING CRIMSON)
ザ・トリップ / THE TRIP
マスケッラ・ディ・チェッラ / MASCHERA DE CERA
シネステシア / SINESTESIA
 
 
2010 Prog Ex Ticket

 会場のTEATRO TENDASTRISCEはローマ郊外にあり、地下鉄の最終駅近くで電車から降りてもそれからバスにのり乗り継がなくてはならないというかなり不便な場所にある。コンサートは夜8時から始まりそれから5バンドも出演するので終了は夜中過ぎになるのは確実。ほとんどのオウディエンスは車で来るのだろう。会場からの徒歩圏内にホテルが2件。足が無い場合はホテルに泊まるしかなさそうだ。

Teatro 1 prog ex Rome

Teatro 3 Prog Ex Rome

 会場自体は普段はサーカス等の興業が行われる大きなテント会場。シート席で5000席程はあると思われる。入り口から入って少し進むとまず飲み物や簡単なスナックが食べられるホールに出る。ここで出演各バンドの物販が行われていた。バンドメムバーも時折顔を見せており、あちこちでファンとの交流が和やかに行われているのが実に微笑ましい。このコンサートは日本でも話題になっていたので日本人のファンも大挙して来ているかと思ったのだが見かけたのは10人位だった。

Teatro 2 Prog Ex Rome

シネステシア / SINESTESIA

ALBERTO BRAVIN
ROBERTO DE MICHELI
ALESSANDRO SALA
RICKY DE VITO
PAOLO MARCHESICH

 2000年結成というからプログレとしては若い世代の男性5人組みのバンド。好きなグループがドリームシアター(Dream Theater)やポーキュパイン・トゥリー(Porcupine Tree)というから彼らのサウンドも見当は付くだろう。トリエステ出身のプログレ・メタルバンドでした。


マスケッラ・ディ・チェッラ / MASCHERA DE CERA

ALESSANDRO CORVAGLIA (lead voice, acoustic guitar)
AGOSTINO MACOR ( keyboards)
ANDREA MONETTI (flute, saxe)
FABIO ZUFFANTI (bass, bass pedals, choirs)
MAURIZIO DE TOLLO (drums)

 ’70年代のイタリアン・プログレッシヴ・サウンドを再構築しようとフィニステッレ(Finisterre)のベイシスト ファビオ・ズッファンティ(fabio zuffanti)が2001年に結成したバンド。プログレ・シンフォ系ながらヴォーカルが大仰に歌い込むハードロックタイプという、ま、これが往年のイタリアン・プログレらしいというので、成るほどと納得。

Maschera de Cera Prog Ex 2010


 以上2バンドはオープニング・アクト、つまり前座扱いなので演奏時間も30~40分と短めだった。
バンドがセットチェンジをしている間、司会者が出てきてミュージシャンにインタヴュゥしたり(多分有名なミュージシャンなのだろうけど、イタリアン・プログレに余り詳しくないので誰だか分らない。悲しい…)オウディエンスを飽きさせないようにしていた。セットチェンジにはそれなりに時間が掛るだろうと思っていたら15分程でサクサクと終えてしまった。感心。


ザ・トリップ / THE TRIP

JOE VESCOVI (keyboards, vocals)
WEGG ANDERSEN (vocals)
FURIO CHIRICO (drums and percussions)
Additional musicians:
FABRIZIO CHIARELLI (vocals. guitar)
ANGELO PERINI (bass)

 ELPタイプのキーボード中心ブログレバンド。アルティ・エ・メスティエリ(arti&mestieri )のドラマー フリオ・キリコ(Furio Chirico)が在籍しているのでも有名。バンド自体は60年代後半にイギリスで結成(当時のギタリストはリッチー・ブラックモア!)4枚のアルバムを残してメムバーの交通事故の為解散。この日が36年振りの再結成だそうだ。瀕死の重傷から生還したヴォーカルのウェグ・アンダーセンもコートを着たままいわくありげに登場、途中でパッとコートを脱ぎ棄てるなどステイジを意識した演出で歌い、ジョー・ヴィスカヴィはキース・エマースン振りのキーボードを弾きまくり、フリオはドラムを叩きまくりと36年ものブランクを感じさせない熱演だった。耳に残る曲もあるし、これから老骨に鞭打ってでも(失礼!)頑張って欲しいバンドだ。

The Trip 1 2010

The Trip 2 2010


アルド・タッリャピエトラ、トニー・パッリウカ、トロ・マルトン
+ディヴィッド・クロス(キング・クリムズン) / 
ALDO TAGLIAPIETRA with TONY PAGLIUCA, TOLO MARTON
+ DAVID CROSS (KING CRIMSON)

ALDO TAGLIAPIETRA (vocal, bass, 12 strings guitars,)
TONY PAGLIUCA (keyboards)
TOLO MARTON (guitar)
guest musician
DAVID CROSS (violin)

Le Orme 2010

 レ・オルメ( LE ORME)の主要メムバー3人が出ているのに、レ・オルメのバンド名を使わないのは何故だろうと思っていたら、現在のバンドメムバーはMichi Dei Rossi、Michele Bon、Fabio Trentiniの3人で、(2010年のライブではMETAMORFOSIのJIMMYがヴォーカルで参加)2009年末にアルド・タッリャピエトラも脱退しているそうだ。しかしあの情緒的なメロディとアルドーのヴォイスがあれば紛れもなくレ・オルメの音楽で、演奏したのもレ・オルメの曲。それにゲストのディヴィッド・クロスが途中から加わり2曲客演。その内の1曲は「Exiles」。ヴァイオリンを加えたサウンドにアルドのヴォイスがとてもよく合っていたのが印象的だった。

David Cross Rome 2010

Cross and Le Orme Prog Ex 2010

元キング・クリムスンという冠が取れないディヴィッド・クロスだが、最近はディヴィッド・ジャクスン(ex.Van der Graaf Gerenator)とCD制作をしていると言う。とても興味深いレコーディングが出来てるよ、とにこやかに話してくれたのでこれも楽しみかも。
ダブル ディヴィドの制作映像がYOUTUBEで見られます。おもしろいです。
http://www.youtube.com/davidcrossmusic#p/a/u/0/0tg73f6qO8M


PFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)+ イアン・アンダースン(ジェスロ タル) /  
PFM(PREMIATA FORNERIA MARCONI + IAN ANDERSON (JETHRO TULL)

FRANZ DI CIOCCIO (vocal, drums)
PATRICK DJIVAS (bass)
FRANCO MUSSIDA (vocal, guitar)
Additional musicians:
LUCIO FABBRI (violin, second keyboards, second guitar)
GIANLUCA TAGLIAVINI (keyboards, piano hammond, minimoog)
PIERO MONTERISI (seconda drums (during Franz singing))
guest musician
IAN ANDERSON (JETHRO TULL)

PFM FRANZ Prog Ex 2010

 時間は既に11時をかなり過ぎていた。さて、大トリPFMの登場だ。
 PFMの演奏は去年ポルトガルで行われたゴーバイア・アート・ロック 2009/GOUVEIA ART ROCK 2009でその実力は知っているつもりだが、やはり母国イタリアで聴くと心持彼らのプレイにもリラックス+パワフルと、聴いていてワクワクする。ドラムスのチョッチョはドラムスティックを5~6本常に背中のベルトに差し込んだままドラミング炸裂と思えば次の瞬間ステイジ前に飛び出し右へ左へ駆け抜け、歌い出したと思ったらいつの間にか後方に戻ってドラミングしている、と大活躍。ムッシーダのギター+アクースティック・ギターのソロパフォーマンスもしっとりと聴きごたえたっぷり。そしてイアン・アンダースンの登場。片足をひょいと上げフルートから流れ出たのはお馴染み「ブーレ」!ローマでPFMをバックに従えて”生”ブーレを聴けるとは…やっぱり感涙…オウディエンスの興奮も収まらぬ内にフルートをギターに持ち代え2曲目は「My God」う~~む。会場のどよめきは最高潮に達している間にアンダースン退場。そして何人かのオウディエンスも会場から出て行く姿が見られた。アンダースン目当てに来ているファンもかなりいる様だ。ステイジは再びPFMに戻ってお馴染みの曲が次々演奏されオウディエンスも手拍子、合唱とライヴ特有の高揚感が最後まで会場内を覆い尽くした。最後にイアン・アンダースンが再び登場、全員で「ハンスの馬車」を熱演。終わったのは夜中の1時半頃。近くのホテルに泊まっていてよかった。

PFM IAN ANDERSON Prog Ex 2010

PFM IAN ANDERSON 2 Prog Ex 2010

プログ イグジビション 、ローマ/イタリア -  PROG EXHIBITION /40 ANNI DI MUSICA  

2010年11月5日(金)~6日(土)

 去年から今年にかけてプログレバンドの結成40周年記念イヴェントとかCD発売とかが続いているが、2010年11月5~6日の2日間、イタリアのローマで「プログ・イグジビション」と銘打ったプログレ40周年記念ライヴ・コンサートが行われた。イタリアを代表するプログレバンドを総動員したような参加バンドのリストにビックリ。で、見に行って来ました。
 アリタリア航空ローマ直行便でも成田から12時間45分。長い…

2010 Prog Ex poster
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。