スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンそしてポルトガル、2008 VdGG 

2005年、奇跡とも思えるオリジナル・メムバーでの再再(えっと…何回目だっけ?)結成を果たしたVdGGは、順調に、そして勢力的に活動を続けていたかに見えたのだが、気がつけばサックスのジャクスンが抜けていた。それでも残り3人でライヴを再開したのだがジャクスンの空白は埋めがたく、あのVdGGのサウンドが隙間だらけ。改めてジャクスンの存在を再確認させられる結果となってしまった。実は、去年(2007年)ロンドンのバービカン・シアターでジャクスン抜きのVdGGを見たのだが、ライブ・レヴューを書こうとしてもペンが進まない状態で、結局そのままになってしまった。この頃の映像は http://www.fabchannel.com/ の 2007.4.14 で見られます。
 といういきさつもあるので、今年のロンドン、クウィーン・エリザベス・ホールでのコンサートは実に不安だったのだが、ともあれ、4月2日に日本を発ちロンドンへ。
QEH 2008

QEH ticket

 クウィーン・エリザベス・ホールは、サウスバンクという文化施設が集まったテムズ川南岸地区に位置し、2005年のVdGGコンサートが行われたロイヤル・フェスティヴァル・ホールの道一つ挟んだほぼ隣にある。キャパシティもロイヤル・フェスティヴァル・ホールの2500席に対してクウィーン・エリザベス・ホールは900席。観客が少ないせいか、ロビーで見かけるファンもあの2005年の様に世界中から集まったという感じは無いし、物販コーナーもそれ程混んでは居なかった。ステイジには一段高くなった所にドラムセット。段に立てかけたギターが2本。左手にハミル用のエレクトリック・ピアノ。右手にバントン用のフットベイス付きのオルガン。

stage, 2guitars,

会場のざわめきもさめやらぬまに15分ほど過ぎてからメンバーが登場。ハミルは白のポロシャツ、イヴァンスは襟無しグレーのシャツ、バントンはダーク系開衿シャツ。それぞれの位置に着いて、バントンのオルガンがリズムを弾き始める。続いてハミルのピアノがそれに加わり、イヴァンスのシンバルが同調する。最新CD「TRISECTOR」から「Interference Patterns」の始まりだ。元々トリオで作られた曲なのでまとまっているのは当然なのだが、新生VdGGをアピールするには中々いいスタートだ。2曲目は「PRESENT」から「Nutter Alert」。

HM piano,London

1曲目でオウディアンスをVdGGの世界へと引き込んでいるので、ジャクスンのサックス不在はさほど感じられない。その分バントンがエフェクターを駆使したオルガンで頑張っているのだが、彼の微動だにしない涼しげなプレイに何ら違和感は無かった。

Evans London

Banton, London

続いてハミルがピアノから離れギターに持ち替えてチューニングを始める。客席からは相も変わらずリクエストの声がかかる。その度に「違う」「違うよ」と言っていたハミルもたまり兼ねて「もう、チューニングしているんだから…」と言い始めた。と、次に客席からかかった声に思わす無言でうなずくハミル。始まったのは「Lemmings」のイントロ。ここまでくればオウディアンスが盛り上がるのは当然で、この夜、演奏されたのは新、旧譜合わせて全10曲。アンコールの「The Childlike Faith in the Childhood's End」で、ロンドン公演は終わった。危惧されていたジャクソン不在は、取りあえずは無事通過出来たという所か。

encore, London

ショウが終わった後、ステイジに残されているハミルのセットリストを見せてもらったのだが、それぞれの曲名の後に「K」とか「G」とか書き加えてあって、多分キーボードとギター使用を間違えない様に区別してあるのかと思うと何か微笑ましくほくそ笑んでしまった。
この3日後には、いよいよポルトガルのゴーバイア・フェスティヴァルが始まる。

 ゴーバイア(GOUVEIA)は、ポルトガル北部にあるポルト空港からさらに車で3時間程東部に走った丘陵地帯。高台にあるGOUVEIAは見晴らしも良くのんびり過ごすには最適なポルトガルのヴィレッジだ。この街あげて行われるのがGOUVEIA ART ROCK 2008 FESTIVAL。アートロックと銘打っているだけあって、フェスティヴァルの出演バンドはプログレッシヴに関わらず地元のバンドBEDUINOS A GASOLEOからスウェーデンのPAR LINDH, ベルギーのANARISと云うクラシカルな雰囲気を持っているバンド、 元ザッパのMIKE KENEALLY, ご存知フランスのANGE, スイスからシアトリカルなLES REINES PROCHAINES, アメリカのレコメンバンドTHINKING PLAGUE, そしてフェスティヴァルのトリをVdGGが務めている。
VdGGは2日目の最終なので、GOUVEIAへは1日目の夕方に現地に到着。その夜はゆっくり食事と休養に務めたようだ。そして2日目。
まずポルトガル語でバンドの紹介、続いて英語で注意事項「写真撮影は2曲目まででお願いします」。これは毎回ショウの前に言われている。と言うのも、2005年のロンドン公演では、バンドがステイジに登場すると同時に会場から一斉にフラッシュがたかれ、大写真撮影会がは始まってしまい、演奏が始まってもフラッシュの雨は止まず、バンドの方も演奏に集中出来なかっただろうと思われたので、それに懲りたに違いない。ハミルはやはり白のポロシャツ。去年の日本のハミル・ソロ・コンサートでもそうだったし、最近はこの白シャツで登場する事が多い様だ。イヴァンスはロンドンとは色違いのオレンジの襟無しシャツ。バントンも黒っぽい開襟シャツだ。

GOUVEIA, band

オープニングは「Interference Patterns」。今回のツアーはこの曲で始めるのが多いようだ。そして「(In the) Black Room」「Lemmings」と続いて演奏されるのでオウディアンスとしても興奮しないわけにはいかない。ロンドンと違うのは、「Scorched Earth」、「Nutter Alert」、「Merglys III」が消えて代わりに「(In the) Black Room」、「The Sleepwalkers」、アンコールに「Still Life」が加わったという所か。

GOUVEIA, ham

GOUVEIA evans

GOUVEIA banton

ハミルはソロで日本に数回来ているので、彼のステイジを見た事がある人は多いと思うが、いつもハミル・ペースで、ヴァイオリンのステュワート・ゴードンと共演しているときでさえ、思うがままにプレイしているし、いつか血管が切れるのではないかと思われる程声を張り上げ、唸る様に歌っているのだが、今回、バンドのメムバーとしてのハミルは、ヴォイスと他の楽器とのバランスが非常に巧くとれている。感情移入過多とも思えるソロの時と比べて、歌心が歌い込まれているというか、聴いている方も素直に曲の世界に引き込まれて聴き入ってしまうのだ。先走りしてしまうハミルのピアノやギター演奏にしても、バントンの正確な伴奏が補正し、イヴァンスのドラミング、シンバルワークで、サウンドに深みが加わり音が広がっていく。昔、VdGGを見た時は、途中でバントンがキーボードから離れ、ベイス・ギターを弾く場面もあったのだが、今回はフットベイスにエフェクトサウンズも操作しなければならないので、足も手も動かし続けて、それでもほとんど無表情ともいう風に演奏していた。異を唱えるファンもいるが、いずれにしても、オウディアンスは熱狂し、トリオVdGGの誕生を確認したツアーだった。(GOUVEIA ART ROCK 2008 FESTIVALのレポートは後日アップする予定です。少々お待ち下さい。)
 4月3日ロンドン公演、6日のポルトガル/GOUVEIA ART ROCK 2008 公演のセットリストは "Ex-ex" Peter Hammill ブログ  inVerse.exblog.jp http://inverse.exblog.jp/ で、詳しくご覧になれます。

GOUVEIA, encore

 6月27-30日にいよいよVdGGの日本初来日が決まった。ゴーバイアにはバンドメムバーも加え6人のロード・クリューで来ていたVdGGだが、日本にもサウンド担当、ステイジ担当含めほぼ同じ規模のクリューで来日するそうなので、聴き応え、見応えのするパフォーマンスを見せてくれるに違いない。既にティケットを手にしているファンの方々も多いと思うが、まだ入手していない方は27日(金)は少々残っている模様。また、30日(月)が追加され、さらにこの日は公演の後特別イヴェントとして、バンドメンバー全員との交流・サイン会があるそうだ。「来日公演記念写真集」も発売されるとの事。

公演についての詳細は、
http://www.bigstream.co.jp/artist/0806_vdgg/index.html

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。